土地 探し方

土地の探し方のポイントやコツ!

無料!土地探しや各ハウスメーカーや工務店の費用を比較

 

 

 

 

家づくりにおいて土地選びは非常に重要だと言われています。

 

 

注文住宅の建築にあたり、土地がない場合はまず建物を建てる土地探しから始まりますが、土地探しは非常に難しく、

 

 

土地の条件が悪いと安全性、耐久性にも大きく影響を与えその土地で快適に暮らすことはできません!

 

 

土地探しはスムーズに進まないことが多いですが、ポイントを抑えておけば様々なトラブルは回避することができます。

 

 

まず土地を探す上で、その土地に求める優先順位を明確にしておく必要があります。

 

 

自分たちがどのような土地に住みたいのか、その土地がライフスタイルや求める要件に適しているのかということを抑えておかなければなりません。

 

 

人それぞれ土地に求める条件は異なり優先順位は異なると思いますが、

 

 

土地の広さ、価格、駅から近い、学校から近い、通勤時間、周辺の環境、地盤、防犯、悪臭や騒音などのトラブルが少ないのかなどなど、、、家族と何を優先するのかということを事前に話し合っておく必要があります。

 

 

そして現在その土地の周辺が空き地になっていても、将来的に建物が建つ可能性があるので、建物が建った時のことを想定して日当たりはどうか?などを考えておく必要もあります。

 

 

また具体的な家の最終完成形をある程度想像しておかないと、いくら土地を紹介されてもこれだという土地のイメージは湧かないと思います^^;

 

 

土地の探し方のポイントとしては以下のようなことがあげられます。

 

 

・その土地の街並みや周辺の環境はどうか
・日当たりや風通しはいいか
・周辺の道路状況はどうか
・土地の形状や地盤はどうか

 

 

土地は住まいの基盤となるもので、後からその土地が気に入らないからといってもどうすることもできません!

 

 

いくつか候補地が絞られてきたら、必ず足を運び、自らの目で確認して下さい。

 

 

土地選びは非常に重要で慎重になると思いますが、時にはタイミングや運によって左右されることもあります^^;

 

 

迷っているうちに他の人に買われてしまったということはよくあるケースですから、時に決断力も大切になります。

 

 

下記の「タウンライフ家づくり」は無料で、ご希望の土地探しや各ハウスメーカーや工務店の支払総額、間取りプランが、

 

 

一括比較できますので、おすすめです。

 

 

簡単にご希望の土地も探してくれるので、土地探しに困っている人にもおすすめできます。

 

家を建てようと思ったら、たいていの人が一度は住宅展示場へと足を運びます。

 

 

住宅展示場は一流ハウスメーカーのモデルハウスが立ち並び、どういった家がどれくらいの値段で建てられるのか知るには、とても参考になる場所です。

 

 

しかし、住宅展示場で見積もりを取ると、やはり注文住宅は高いと思われる方も多いでしょう。名前の知られたハウスメーカーはやはり建築費用も高くなりがちだからです。例えば、注文住宅のトップシェアを誇る積水ハウスですが、建築費用を坪数で割った坪単価もトップクラスです。

 

 

一口に坪単価と言っても、どこまでを坪数にカウントするかや、建築費用に何を含めるかで大きく変わりますが、例えば照明やカーテンなども標準品を使い、特にランクアップしない場合でも坪60万〜となります。

 

 

これが高いかどうかは、その人が何を基準にしているかで変わってきます。例えばいわゆるローコストメーカーではそれこそ同じように見える家が積水ハウスの2/3以下の値段で建ちます。

 

 

しかし、積水ハウスのような一流メーカーの何が違うかと言えば、指定業者による安定した技術とアフターサービス、メンテナンス、施工数の多さからくるノウハウの積み重ねなどがあげられます。

 

 

そういったものが坪単価に上乗せされていると思えば、やはり必ずしも高いものではないのでしょう。

 

 

もちろん、知名度や規模が一流でなくとも、きちんとした施工を行うメーカーはたくさんあります。ただやはり一流メーカーに比べ、アピール力に弱いのも事実なので、納得のいくメーカーを見極めるためにはそれなりの労力も必要になってきます。

 

 

誰しもが潤沢な資金を持ち合わせているわけもなく、多くの人が限られた資金で住宅を建てるわけですから、自分の優先順位がどこにあるのかをきちんと見極めることが大切になってきます。

 

 

一般的に、施工を依頼するメーカーを決める際の指標として気にされることの多い坪単価ですが、本当の意味で満足のいく住宅を建てるという本来の目的を見失うことの無いようにしたいものです。

 

 

積水ハウスの詳しい坪単価や価格については、積水ハウス 価格のホームページに

 

 

のっていますので、注文住宅の購入を考えている方は参考になると思います。

続きを読む≫ 2014/06/18 16:07:18

土地を購入する際に値引き交渉などをすると値引きに応じてもらうことは可能なのでしょうか。

 

 

土地は都会、田舎などの地域によって価格はピンキリで土地の状態もぞれぞれ異なりますが、状況に応じては値引きが可能な場合もあります。

 

 

しかし土地の値引きに一般的な相場というものはありません!

 

 

土地を売りだして以来、問い合わせが沢山きているような人気がある土地の場合は、まず値引きは期待できません!

 

 

値引きに応じなくても買い手が沢山しますし、自分よりも高い値段で購入するという人がいる場合は値引き交渉しても相手にされずに値段交渉は不利になります^^;

 

 

そして土地を売り出した直後も値引きは期待できない可能性が高いですし、

 

 

その土地の立地条件が良かったりすると相手も強気な姿勢でいますから値引きは期待できないです。

 

 

一方、売り出しを開始したものの、なかなか売れずに苦戦している土地の場合は大幅な値引きが期待できる可能性が高いです。

 

 

このように土地の値引き事情に関してはケースバイケースなことが多いですが、値引き交渉の方法としては、

 

 

「この金額なら購入する」と具体的な金額や条件を提示し、購入の意思をはっきり示すことです。

 

 

ただ単に「値引きしてもらえないか」と言っても、購入の意思がはっきりとしていないような客に対しては値引きに応じない可能性が高いのです。

 

 

また価格交渉も「その土地をどれだけ手に入れたいか」によりますので、

 

 

値引きがなくてもその土地に価値があるのか、と冷静に見極めておく必要があります。

 

 

決して値引き額が大きく、お手頃だからという理由だけで土地選びはしないで下さいね^^;

 

 

大きな値引きが行われている場合はそれなりの理由があることが多いです。

続きを読む≫ 2014/06/13 16:57:13

おそらくほとんどの方が土地を購入するという経験がなく、土地の購入にあたり注意すべきことなど分からないことだらけではないかと思います。

 

 

土地を購入する場合は不動産業者や仲介業者から購入するケースもありますし、個人で直接購入するといったケースもあります。

 

 

土地を購入する際の注意点についてみていきましょう。

 

 

まず土地の購入にあたり立地条件は良いのかということを重要視される方も多いですが、
どんなに条件が良い土地であっても、自分の目的に応じた建物を建てることができない土地では意味がありません!

 

 

建物を建築する際には、建築基準法など様々な制限があり、せっかく土地を購入したのにその条件をクリアしていない場合は建てることはできないのです。

 

 

ですから建設基準法や都市計画法などの建築制限について、最低限の知識を事前に身につけておく必要があります。

 

 

そして建築を依頼する場合に、敷地形状によって理想とする住宅が建てられない場合もありますので、事前にどのような住宅を建てたいのかということをある程度イメージしておき、それが可能な土地を選ぶ必要があります。

 

 

その他の土地を購入する際に注意すべきポイントとしては以下のようなことがあげられます。

 

 

@敷地の境界をしっかりと確認しておく。
事前に境界がどこにあるのかということを確かめておかないと、その後何かとトラブルを招きやすくなりますので、隣接する土地との境界を確認しておく必要があります。

 

 

A地盤に問題はないのか。
以前、田んぼや川だったところに住宅を建てたものの、地盤が弱く家の壁にヒビが入ったり、家が傾いてしまうといったトラブルはよく聞きます。
いくら建物自体はよくても地盤がしっかりとしていなければ意味がありません!
過去にそこがどのような土地であったのかということについても知っておく必要があります。
またあまりに地盤が弱ければ、地盤改良費が高額になることもありますし、工法に制約がつく可能性もありますのでしっかりと事前に調査しておくことをお勧めします。

 

 

 

土地は一生に何度もある買い物ではありませんし、土地は住まいの基盤となるもので、後からその土地が気に入らないからといっても簡単に買い替えることはできません!

 

 

土地を購入する際の注意点をしっかりと抑え、慎重に見極めるようにして下さい。

続きを読む≫ 2014/06/13 16:55:13

土地を購入する場合、土地の代金だけで購入できるというものではなく、様々な費用が必要となってきます。

 

 

土地の購入にあたり実際に表示されている金額のほかにどのような費用が掛かってくるのでしょうか。

 

 

一般的には土地売買価格の5%程度の費用がかかると言われていますが、それぞれの土地の条件によっても費用は大きく変動しますので、一概に費用を言い切ることはできません!

 

 

土地の購入にあたりどのような費用が必要になるのかみていきましょう。

 

 

・土地代金
土地代金は売り主に対して支払う費用で、一般的に契約時に手付金として10%、決済時に残りの90%を支払うと言われています。
ちなみに消費税はかかりません。

 

 

・売買契約書印紙代
売買契約書印紙代は売買契約が交わされる際に必要な費用で、土地代金によって印紙代は異なります。

 

 

・登録免許税
登録免許税は土地の所有権を移転した際に登記所に支払う費用です。

 

 

・司法書士報酬
登記の手続きを代行してくれる司法書士に支払う費用で、一般的に3万〜5万円程度だと言われています。

 

 

・仲介手数料
仲介手数料は仲介を行った不動産会社に支払う費用です。
仲介手数料は一般的に3%+6万円だと言われています。

 

 

そして売買契約時に発生する手付金の金額ですが、代金の10%程度のケースが多いと言われていますが異なる場合もあります。

 

 

また契約後に買主の都合でキャンセルする場合は手付金の返金はありませんので注意して下さい。

 

 

土地の購入にあたり必要な諸費用は、土地代金の5%を目安にされておくといいです。

続きを読む≫ 2014/06/13 16:53:13

家づくりにおいて土地選びは非常に重要だと言われていますが、完璧だと思っていたはずの土地を購入したつもりでも、実際にその土地に住んでみると多かれ少なかれ不満を感じてしまうことはあるようです^^;

 

 

土地を購入されたときの失敗談を集めてみました^^;

 

 

・予算のこともあり安い土地を選んだけれど、実際に家を建てる際に地盤の調査を行ったら、地盤が弱く地盤改良費が高くなることが発覚。
見かけは非常にきれいな土地で、以前その土地が何に使用されていたのか事前に調べずに購入してしまったことを後悔した。

 

 

・ゴミ置き場が家のすぐ近くにあるので、夏場は非常に臭いが気になり窓を開けられない。

 

 

・土地を購入する際に隣との境界をしっかりと確認していない状態で購入してしまったため、境界にブロック塀をつくるつもりが隣とトラブルに発展してしまった。

 

 

・近くに小学校があるため、強風の日は砂が舞い込むし、休日は早朝からサッカーなどの練習を行っているため非常にうるさく気になってゆっくり寝ていられない。

 

 

などなど、実際にその土地で生活を始めてみると購入前は気が付かなかった問題が出てくるようですね^^;

 

 

よく言われる失敗談としてはやはりゴミ置き場の近くを選んでしまったということでしょうか。

 

 

そして大雨が降ると家の前に水たまりができるというケースも多いです。

 

 

100%完璧な土地というものはなかなか見つからないと思いますが、土地探しのポイントとして交通、医療機関など周辺環境は比較的整っているのか、なども重要なポイントになってきます。

 

 

平日と休日では交通量がかなり異なる場合もありますので、平日と休日の周辺の人通りや交通量なども調べておく必要があります。

 

 

また日当りに関しては時間や季節によっても大きく変わりますので、朝、昼、夜と時間帯を変えて何度も足を運びチェックしておくことをお勧めします。

 

 

価格や周辺の環境など土地に求める条件は様々ですが、土地選びで失敗しない為には自分たちのライフスタイルに合わせて優先順位を決め、様々な視点から念入りに調べて購入する必要があります。

続きを読む≫ 2014/06/13 16:50:13